• 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト

    ゼンハイザーHD219のイヤーパッド交換

    5年半前に購入したゼンハイザーのヘッドホンHD219のイヤーパッドが劣化してボロボロになったので、互換品を使って交換してみました。

    ゼンハイザーHD219のイヤーパッド交換



    僅か450円で届いた交換パッド
    5年半使ってボロボロになったイヤーパッド部分。修理に出すと云っても、元々5,000円程のエントリーモデルですから、修理代の方が高く付くに決まってます。そもそも、随分と前に生産完了品になったモデルのため、ゼンハイザーでは修理を受けてくれません。

    そこで、仕方なくネットでイヤーパッド部分だけ購入できないか探したところ、中華製の互換品が色々と出てきました。




    ゼンハイザーHD219は、イヤーパッド部分の適度に柔らかさや、フィット感が大きな魅力でしたので、できれば純正品としたかった所ですが、背に腹は代えられません。購入したのは↓の中華製互換品。

    私が購入したときで、左右1組セットで送料込み449円。中国大陸からの発送で、なぜにこんなに安いのか毎回疑問ですが気にしたところで始まりません。2週間ちょっと、配達予定日を過ぎて忘れた頃に届きました。

    ゼンハイザーHD219のイヤーパッド交換
    左が劣化した純正品、右が今回購入した中華互換品。純正を見ると音が通る部分のスポンジは密度感が周囲と違っていて、手で触った時の柔らかさも違っています。右の互換品も同様に音の通る部分は別なスポンジになっていますが、その大きさが純正とは異なります。結論としてはこの違いによる音の優劣の差は体感的には感じられませんでした。

    ゼンハイザーHD219のイヤーパッド交換かなりの劣化が見られるイヤーパッド部分




    ゼンハイザーHD219のイヤーパッド交換
    取り外し方もシンプル。ゼンハイザーの廉価モデルだけあって、簡単にはめ込んでいるダケの構造です。そのため取り外す際もまっすぐ引っ張ってあげるだけで簡単に外れます。また、装着はこの逆を行うだけで(少しコツがいりますが)シンプルにはめ込むだけでした。

    ゼンハイザーHD219のイヤーパッド交換
    ボロボロだったイヤーパッドが新品に戻り、実に気持ちの良いものです。パッドの感触も純正に近く特に違和感は覚えませんでした。

    気になる音質も(・・・そもそも本体5,000円程度の廉価モデルで音質を語る部分も少ないのですが)交換前後で顕著な差は感じられず、引き続き第一線で活躍してくれそうです。


    ゼンハイザーHD219って、どういうモデル?
    ドイツの音響メーカー「SENNHEISER(ゼンハイザー)」は、プロフェッショナル分野におけるマイクやヘッドホンで有名な会社です。民生機も出していますが、とりわけヘッドホンでは概ね中価格帯の製品がメインのメーカー。日本でいうと・・・オーディオテクニカみたいな会社と勝手に位置付けしています(笑)。

    そのゼンハイザーが廉価モデルとして2011年頃にリリースしたのが、HD200シリーズでした。HD219/HD229/HD239と3段階用意され、私の持つHD219は最も下位モデルの5,000円くらいで帰るものでした。HD229は+2,000円くらい、HD239は更に+2,000円くらい、と絶妙な価格分けがされていました。

    Sennheiser ゼンハイザー HD219 ヘッドホン [並行輸入品]
    私の持つHD219は、密閉ダイナミック型のスタンダードなモデル。音の解像感はそれほど良くないのですが、低音がけっこうしっかり出ており、いわゆるドンシャリ系の流れに位置します。

    Sennheiser ゼンハイザー HD229 Black ブラック ヘッドホン 『並行輸入品』
    上位モデルのHD229は、もう少し音の解像感が高いと評判ですが私は試したことありません。そもそもHD229は何故かド派手なカラーリングなので、そもそも購入検討に入りません。

    同様にHD200シリーズの最上位機種(といっても1万円くらいですが)のHD239は、音の解像感はさらに良くなり高音質と呼べる域に差し掛かっているようですが、そもそもオープン型(=屋内でのリスニング用)なので、こちらも購入検討に入りません。

    つまり、HD219とは、もっと安価で無難で、それでいて其れなりに良い音が出る、そんな価格相応に優れた良品ヘッドホンだと言えます。そもそも我が家では奥サマが「装着したときの感触が良い」と音質無視で選んだ訳ですが(苦笑)、なかなか使い勝手の良い割とオールマイティな製品といえます。(もっとも最近は長女が主に使ってますが・・・)[了]


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です