• 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト
    新ガンケース、ペリカンVAULTシリーズ
    新しいペリカンのラインナップVAULTシリーズ

    ペリカン社が2018年にリリースした新ラインナップ「VAULT」シリーズは、ガンケースとして銃器に特化した廉価ハードケースです。
     

    新シリーズVAULTシリーズ(VAULT by Pelican)
    ペリカン社が2018年7月にリリースした新シリーズ「VAULT」(ボールト)シリーズは、米国らしく銃器収納に特化した製品です。ペリカン社のリリース[Link]で「Affordable and Rugged Cases」(=安価な価格で頑丈なケース)と題されるように、安価なセカンドライン的な扱いになっているようで、ペリカン社のロゴマーク(あの鳥のマーク)では無く、「VAULT」の大きなロゴに横に「VAULT BY PELICAN」という小さな文字が書かれているだけです。
      
    「VAULT」(ボルート)を直訳すると、「貯蔵室」や「金庫室」「貴重品保管室」との意味になります。ここでヤヤコシイ事に、ペリカン社には他に「Vault」の名のつく他のラインナップが存在する点です[Link]
     
    具体的にはスマホやタブレットのケースシリーズに、この「Vault」(小文字)名が見られますが、今回の新しいラインナップは全て大文字「VAULT」なので別シリーズとなる点を抑えておく必要があります。
     

    ガンケースに特化した仕様
    「VAULT」(VAULT by Pelican)シリーズは、ガンケースに特化した仕様となっており、ローンチ時のラインナップ10種類のうち、実に8種類は「銃器専用」をペリカン社自身が謳っている程。
     
    ペリカンケースが持つ防塵・防塵・防水構造はそのままに、$39.99〜$199.99と安価に抑えられています。ペリカン社のハードケース特有の、非常に強靭なポリマーシェル構造は保たれた上に、VAULTシリーズはボタンを押すと簡単にラッチが外せるプッシュ式の機構を備えている他、ガンケース専用にリファインされた新機軸なデザイン(従来のペリカンケースとは異なるフィロソフィなデザインですが、実にモダンでカッコいい!)と相まって割安感は相当なものです。
     
    安さの要因は色々あるのでしょうが、従来のペリカンケースが生涯保証(Lifetime Limited Warranty)なのに対して「VAULT」の保証は「1年」と限定的だったりする等、従来のプロユースメインなペリカンケースの(ある意味、オーバースペックすぎる)仕様から民生用に絞っているのも安さの秘訣かも知れませんね。
     

    VAULT by Pelicanシリーズのラインナップ
    「VAULT」(VAULT by Pelican)シリーズは、ハンドガンからライフルに至るまで幅広くラインナップが用意されています。

    ピストルケース

    品名V100 Vault
    スモール
    ピストルケース
    V200 Vault
    ミディアム
    ピストルケース
    V250 Vault
    弾薬ケース
    画像Pelican Vault V100Pelican Vault V200Pelican Vault V250
    特徴一般的なオートマチック
    拳銃1丁とマガジン2本が
    入る大きさ
    一般的なオートマチック
    拳銃2丁とマガジン4本が
    入る大きさ
    Ammo Case
    (弾薬ケース)
    外寸
    (mm)
    312 x 306 x 131391 x 332 x 156413 × 201 × 303
    内寸
    (mm)
    279 ×203 × 114356 × 254 ×140160 × 323 × 254
    ケース重量1.4kg2.2kg2.4kg
    参考価格$39.95$57.95$57.95

    大型ピストルケース

    品名V300 Vault
    ラージ
    ピストルケース
    V550 Vault
    イクイップメント
    ケース
    V600 Vault
    ラージ
    イクイップメント
    ケース
    画像Pelican Vault V300Pelican Vault V550Pelican Vault V600
    特徴大型の拳銃を収納できる
    ケース
    Equipment(装備)の
    名の通り、拳銃と関連品
    も収納できる余裕サイズ
    V550ケースを更に
    大型化した拳銃用
    ケースで最大のサイズ
    外寸
    (mm)
    446 x 361 x 182569 x 443 x 233 624 × 523 × 258
    内寸
    (mm)
    406 x 279 x 165483 × 356 × 216533 x 432 x 241
    ケース重量2.6kg4.1kg5.2kg
    参考価格$79.95$114.95$139.95

    ライフルケース

    品名V700 Vault
    テイクダウン
    ケース
    V730 Vault
    タクティカル
    ライフルケース
    V770 Vault
    シングル
    ライフルケース
    V800 Vault
    ダブル
    ライフルケース
    画像Pelican Vault V700Pelican_Vault_V730Pelican_Vault_V770Pelican_Vault_V800
    特徴AR-15等、短めの
    ライフルが収納可能
    ローラーが付き、
    ライフル2丁など
    重い物を入れても
    持ち運びが容易
    ライフル1丁を収納
    する長いケース
    ライフル2丁の収納が
    可能な幅とローラーを
    持つケース
    外寸
    (mm)
    1006 × 448 × 1691197 x 487 x 1751307 × 334 × 1691425 x 486 x 169
    内寸
    (mm)
    927 × 368 × 1521118 x 406 x 1591270 × 254 × 1521346 x 406 x 152
    ケース重量6.5kg7.3kg6.2kg8.6kg
    参考価格$149.95$189.95$149.95$199.95

    AR-15の全長は810mm(ストックを伸ばすと最大894mm)になるため、これを収めるには「ペリカンケース1720 Protector Long Case[Link]」(外寸1127mm x 406mm x 155mm / 内寸(1067mm x 343mm x 133mm)が必要となります。
     
    ペリカンケース1720は、米国正規代理店The Pelican Store[Link]の販売価格で$209.50(2018年10月時点)。 ペリカンケース1700に相当するVAULTシリーズでは、「V700 Vault Takedown Case」(外寸 1006mm x 448mm x 169mm / 内寸 927mm x 368mm x 152mm)が該当します。こちらの販売価格は同じく米国The Pelican Storeで$149.95(2018年10月時点)と、かなり安価なのが分かります。
     

    なぜガンケースなのか?
    銃社会アメリカでは、かつて無い程に銃が売れているようです。実際、同時多発テロが起きた2001年9月、自衛の為にと銃の販売数が急増し、9月の1ヶ月だけで全米で75万丁の銃器が販売されたそうです。
     
    しかも、その後2012年12月に起きたサンディフック小学校銃乱射事件を受けて、1ヶ月間に200万丁もの銃器が売れたというのですから、ここ20年弱で米国に銃器が売れまくっている様子が伺えます。 乱射事件が起きれば銃が売れる、という病巣の深さが垣間見れ、2017年における銃販売に至っては米国内だけで9800億円もの市場になった[Link]とか。
     
    米国の銃器メーカーとして有名なスミス・アンド・ウエッソン社などの株価も急上昇しているとニュースになっていた[Link]のは記憶に新しいところです。 また、銃器メーカーに留まらず、民生分野におけるタクティカル用品の市場は拡大しているようで、代表的なところでは銃器関連のウェアやグッズを製造・販売する「5.11 Tactical(ファイブ・イレブン・タクティカル)」社[Link]は、Inc.Magazine(「雑誌Inc.」)か定める全米の非上場企業における最速成長企業500社のリストに挙がる程、米国における銃関連市場は加熱しているようです。
     
    ペリカン社がこうした拡大市場に目をつけてVAULTシリーズを立ち上げたのも納得できますね。[了]

    1720-000-110 PELICAN(ペリカン) 1720 ブラック  [並行輸入品]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です