• 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト
    ペリカンケース1510のホイール交換
    ペリカンケース最大の欠点、ホイールの煩さを改善

    まるで台車を押しているような、うるさい騒音を掻き立てるペリカンケースのホイール(車輪)。DIYで静音ホイールに交換する方法をその効果について動画を交えてご紹介いたします。
     

    トラスコ中山のハードケース用・交換ホイール

    堪え難い程にガラゴロと台車のような貧乏臭い音がけたたましく鳴り響く、キャリータイプのペリカンケース。定番のホイール交換改造にあたり用いたパーツはトラスコ中山の(なぜか奇遇にもペリカン1510にとてもよく似過ぎたハードケース用の)交換ホイール[link]。特別に静音に特化したものではありませんが標準的な十分すぎる静かさです。
     

    もしこれを機会に静音性に特化したいならば、ホイールの大きさとして外輪径 60mm/内輪径 6mm/幅 18mm且つ車軸が40mmのホイールを探すとペリカンケース1510に適合しますので選んでみるもの良いかも知れません(私は試していませんが、例えばこんなのが大きさ的には該当すると考えます→Amazonリンク[Link])。

    pelican1510_wheel_03
    交換用として用意したトラスコ中山のホイール

    安っぽい(実際に安価な)ホイール(ウィール/車輪)なので、特段静音設計なものではありません(静音をうたっているものではありません)。それでもゴム部分も結構な肉厚で中々の静音性があります。ペリカン純正と比較すると天地ほどの差があります。
     

    pelican_1510_wheel_replace_3
    ペリカンケース のホイール着脱方法

    ペリカンケースのホイールを外すには、上記画像のように片側ずつ2本ネジを緩めてキャスター部ユニットごと外します。
     

    pelican_1510_wheel_replace_4
    ピンを押し出して頭が出たらペンチで引っこ抜く

    キャスター部ユニットからホイールのみを外すにはドライバー等でピンを内側から外側に”押し出し”ます。少し頭が出たらペンチで引っこ抜く感じです。
     

    ペリカンケース1510のホイール交換
    ベアリングは元のホイールのを流用する必要があります

    ここで注意が必要です。左が交換用に用意したトラスコ中山の交換ホイール[Link]、右が純正ホイール・・・ほぼ同じサイズなのですが、中心のペアリングの内径が微妙に違うのです。そのため、このまま単純には付け替えができません。
     
    そこで上記画像のようにベアリング部を(細いマイナスドライバー等でこじ開けるように)引っ掻き出して入れ替える必要があります。ベアリング自体の外径は同じなので(違うのはベアリングの内径だけなので)ベアリングだけを取り替えて流用できるのです。
     

    ペリカンケース1510のホイール交換
    Before / After

    左が交換用に用意したトラスコ中山の交換ホイール、右が純正ホイール。形状の違いが明らかにわかりますね。

    右の純正ホイールは接地面も広いばかりか、ただの樹脂の車輪なのに対し、交換ホイールはローラーブレード(インラインスケート)のような形状をしています。
     

    ペリカンケース1510の車輪交換
    YouTubeに騒音比較動画を掲載中

    上記はどのくらい音が違うのか?を検証した動画[Link]です・・・いかがでしょう?、騒音の響きが低くなり煩さが低減されています。これでようやく台車みたいな騒音から普通のキャリー並みに改善できました。
     
    手軽なので是非お試しください。[了]
     

    TRUSCO(トラスコ) プロテクターツールケース専用キャスター2個入セット TAK-C PELICAN ハードケース 1510 27L ブラック 1510-000-110

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です