• 米国PELICAN社のペリカンケースなどハードケース愛好家のためのサイト

    Sponsored Link


    ペリカンケースの中でも、おそらく最も人気の高い1510ですが、1510はバリエーションがとても豊富なことでも知られています。大まかに分けると以下の種類が確認できます。

    No.モデル備考
    000With Foamフォームと呼ばれるスポンジ状のクッション材が入った最もスタンダートなモデル
    001Without Foam1510NFと呼ばれる。フォームが入っていない全く空っぽな素のモデル
    002--
    003--
    004With Padded Dividers1514と呼ばれる。収納側はパッドディバイダーのモデル
    005With TrekPak Divider�1510TPと呼ばれる。トレックパックディバイダーという間仕切りのモデル
    006Laptop Overnight Case1510LOCと呼ばれる。蓋裏にノートPCを入れるケース付属。収納側はカバーがついたモデル
    007Studio Case1510SCと呼ばれる。蓋裏はクッション性ある収納仕切り、収納側はパッドディバイダーのモデル
    008LOC With Foam蓋裏にノートPCを入れるケース付属。収納側はフォームが敷き詰められているモデル
    009Mobility Case1510Mと呼ばれる。荒れた路面でも転がしやすい大型ホイール装着モデル

    上記の「No.」とは各モデルの型名に記載された下記↓「2」の部分が相当します。 ペリカンケースの型名の読み方 (1)・・・製品のシリーズ名(1510シリーズ等)
    (2)・・・モデル番号(上記の表を参照)
    (3)・・・カラーリング(110:黒/190:デザートタン/130:ODグリーン)

    ペリカンケースは、こうした型名のルールで記載されているので、製品を買う際にちょっと意識して見てみたら面白いですよ。

    Sponsored Link

    それでは各モデルを見ていきます↓


    Pelican 1510 #With foam (1510-000-110) Pelican Case 1510

    すべてはここから始まる、もっともスタンダードな源流となるペリカンケース1510(With Foam)です。型名も「1510-000-110」と「000」を冠するだけあり、このモデルがベースとなっています。

    蓋の裏側にはスポンジ状のクッション素材があるのに対し、収納スペース(底部)は細かいブロック状に細かく切れ目の入ったフォームが敷き詰められており、カメラなど収納する機材の形にあわせて細かいブロックをちぎることで型抜きできる構造です。

    このフォームのメリットは、何といっても抜群の耐衝撃性ですが、逆に言うと型抜きした道具を入れる専用のケースになってしまうデメリットもあります。決められた機材などの運搬のみに用いるのであれば良いのですが、汎用性には乏しい感は否めません。

    項目仕様
    内寸50.2 x 27.9 x 19.3 cm
    外寸55.9 x 35.1 x 22.9 cm
    蓋の内側の深さ4.5 cm
    収納部側の深さ14.7 cm
    容量27L
    総重量6.2 kg(ケースのみ5.4kg)
    実勢販売価格30,000円前後

    PELICAN ハードケース 1510 27L ブラック 1510-000-110
    ハクバ
    売り上げランキング: 269,815

     


    Pelican 1510 #Without foam (1510-001-110) Pelican case 1510 without foam 続くペリカンケース1510「フォームなし」。「Without Foam」とか「No Foam」等と呼ばれる本当に何も入ってないケースです。明確な用途なりカスタマイズ利用を想定していない限り、使い勝手は悪いかも知れませんね。

    基本的なスペックは1510のWith Foamと同じです。

    項目仕様
    内寸50.2 x 27.9 x 19.3 cm
    外寸55.9 x 35.1 x 22.9 cm
    蓋の内側の深さ4.5 cm
    収納部側の深さ14.7 cm
    容量27L
    総重量5.4kg
    実勢販売価格30,000円前後

     


    Pelican 1514 #With Padded Dividers (1510-004-110)
    ペリカンケース1514

    私も愛用するペリカンケース1514です。ネットで見るとカメラケースとして愛用している人の数も多く見られ、正直、感覚的にはペリカンケース1510シリーズでは最も普及しているモデルな気がします。

    メリットはベリベリとベルクロで取り外しできるクッション素材のパッド。ディバイダー(仕切り)の位置が自在に変更できるので収納するカメラ機材にあわせて調整できるのが良いですね。

    やはり基本的なスペックは1510のWith Foamと同じですが、ディバイダーの分、さらに重くなって6kgもあります。大きさ的には機内持ち込みサイズですが、重量的にカメラとか重い機材を入れると重さのレギュレーションに引っかかるかも知れません。例えばJALだと計10kg迄ですからね。

    項目仕様
    内寸50.2 x 27.9 x 19.3 cm
    外寸55.9 x 35.1 x 22.9 cm
    蓋の内側の深さ4.5 cm
    収納部側の深さ14.7 cm
    容量27L
    総重量6.0kg
    実勢販売価格35,000円前後

    Pelican 1510TP #With TrekPak Dividers (1510-005-110)
    ペリカンケース1510TP

    ペリカン社が最近出した(いつの間にか出ていたのでいつか分からないのだけれども2016年頃?)上記、ペリカンケース1514に置き換わるディバイダー(仕切り)TrekPakが搭載されたモデルです。

    このTrekPakは赤い小さなピンで間仕切りを固定する仕組みで、先述の1514のようなベルクロ(ベリベリ、面ファスナー)がどちらかと言うとモヤっとした仕切りの位置決めに対し、TrekPakは細かく(より厳密に)キチっと小分けできるメリットがあります。

    デメリットは・・・日本正規販売が未だ無い(2018年7月現在)ようなので、並行輸入に頼らざるを得ず、入手価格が若干割高な点でしょうかね。

    項目仕様
    内寸50.2 x 27.9 x 19.3 cm
    外寸55.9 x 35.1 x 22.9 cm
    蓋の内側の深さ4.5 cm
    収納部側の深さ14.7 cm
    容量27L
    総重量5.0kg
    実勢販売価格50,000円前後

     


    Pelican 1510 LOC #Laptop Overnight Case (1510-006-110)
    ペリカンケース1510LOC

    LOC=ラップトップPCが入る、オーバーナイト(一泊二日)な旅行ケース、という意味なこのペリカンケース1510LOC。

    蓋の裏面に装着されているのはノートPCを入れるクッション素材のケースと、その右側にはACアダプター等を入れるケース部分があり、さらに収納面(底部)は着替え等を入れても見えないように配慮されたファスナー式の覆いが装着されています。

    メリットは、、、うーん、正直あまり感じませんね(苦笑)。デメリットは、こちらも正規輸入品が無いため、日本国内で買うと割高になる点でしょうか。

    項目仕様
    内寸50.2 x 27.9 x 19.3 cm
    外寸55.9 x 35.1 x 22.9 cm
    蓋の内側の深さ4.5 cm
    収納部側の深さ14.7 cm
    容量27L
    総重量6.2kg
    実勢販売価格55,000円前後

    Pelican 1510 SC #Studio Case (1510-007-110)
    ペリカンケース1510SC

    SC=スタジオケース、と題された当該ケース。蓋の裏にはノートPCの入るクッション素材のケースと、その横にはACアダプター等を入れる収納部分(何気にこれ便利ですよね)。そして収納部分(底部)はクッション入りの間仕切り。

    ペリカンケース1514のクッション間仕切りとの大きな違いは、上記写真にあるように中の収納物が飛び出ないように上から被せるベルト(上記写真の黒いベルト部分)の存在でしょうかね。

    撮影後、すぐにノートPCで編集する、みたいな、まさに移動するスタジオ的な使い方。ペリカンケース1514使いの私としては、まさに欲しかった機能がこのペリカンケース1510SCに凝縮されているようで羨ましいです。

    項目仕様
    内寸50.2 x 27.9 x 19.3 cm
    外寸55.9 x 35.1 x 22.9 cm
    蓋の内側の深さ4.5 cm
    収納部側の深さ14.7 cm
    容量27L
    総重量6.2kg
    実勢販売価格50,000円前後

     


    Pelican 1510 LFC #LOC With Foam (1510-008-110)
    ペリカンケース1510LOCフォームあり

    LFC=ラップトップPCが入って、フォームが入っているケース、という意味でしょうか。例によって蓋の裏にはノートPCが入るクッション素材のケースと、その横にはACアダプター等を入れるケース、そして収納部(底部)はフォームが敷き詰められている、という感じです。

    こちらも日本国内には正規販売されていないので並行輸入で購入する必要がありますね。

    項目仕様
    内寸50.2 x 27.9 x 19.3 cm
    外寸55.9 x 35.1 x 22.9 cm
    蓋の内側の深さ4.5 cm
    収納部側の深さ14.7 cm
    容量27L
    総重量6.2kg
    実勢販売価格60,000円前後

     


    Pelican 1510 M #Mobility Case (1510-009-110)
    ペリカンケース1510M

    砂地や粗い地形でも転がしやすい大型ホイール(直径10cm/幅3.9cm)を装着したモデル。この大きなホイールに高さを合わせる為にケース底部にはバンパーのようなパーツも装着されており、もう機内持ち込みサイズを大きく超えてしまっている何かと微妙なケースです。

    項目仕様
    内寸50.2 x 27.9 x 19.3 cm
    外寸59.8 x 36.5 x 27.0 cm
    蓋の内側の深さ4.5 cm
    収納部側の深さ14.7 cm
    容量27L
    総重量7.4kg
    実勢販売価格70,000円前後

    このように派生モデルの多い1510シリーズ、各モデルを構成するパーツだけを別途後から購入することも出来ますので、1510シリーズのいずれかを1つ所有しておけば、何かと便利に使えそうですね。


    Sponsored Link




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です